お知らせ




安中市社会福祉協議会職員募集のお知らせ

社会福祉協議会では下記の通り職員を募集します。

訪問介護員 サービス提供責任者(正規職員)

【採用人数】1名

【給 与】市正規職員に準じる

【採 用 日】令和3年4月1日

【受験資格】
昭和57年4月2日以降に生まれた人で、介護福祉士の資格を有する者または取得 見込みの者(卒業見込みを含む・令和3年4月1日現在38歳以下)

【面 接 日】令和3年2月6日(土)

【応募方法】
令和3年1月4日(月)~令和3年1月27日(水)8:30~17:00(土日祝日を除く)に履歴書、返信用封筒(84円切手貼付・宛名記入)を提出してください。

安中市成年後見制度普及啓発動画

安中市では、この成年後見制度の広報啓発について、成年後見制度の周知に関する動画を制作致しました。
成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害、発達障害などによって物事を判断する能力が十分でない方の権利を守るための大切な制度です。
動画は、                  
CASE 1. 高齢者の父親
CASE 2. 障がい者への支援
CASE 3. 将来に備えて
の3つの話です。

動画はこちらからご覧ください

日常生活自立支援事業 生活支援員養成講座 受講者募集

 安中市社協では、日常生活自立支援事業の生活支援員養成講座を下記のとおり開催します。
日常生活自立支援事業の日常生活自立支援事業の「生活支援員」とは、「専門員」と呼ばれる社会福祉協議会の担当職員とともに、利用者の自宅(施設・病院等を含む)と金融機関等へ訪問し、生活費の払い戻しや福祉サービス利用料等の支払い、及び福祉サービス利用の相談支援を行います。
 具体的な生活支援員の仕事の内容や範囲は、利用者と結ぶ契約書や支援計画により決まってきます。
 下記の募集条件等をご確認いただき、申込書をご記入の上、社会福祉協議会までご提出ください。

1 募集人員及び条件
 10名程度(①~④ともに可能な人)
 ① 市内在住の人
 ② 全過程出席できる人
 ③ 養成講座終了後に生活支援員として、月1から週1回程
   度活動できる人
 ④ 69歳未満の人

2 受講料   無料

3 講座日程及び会場
 安中市地域福祉支援センター3階 会議室

 日程は下記のとおり
 講座日  時間  講座内容
 令和3年3月3日(水)  9:30~
15:50
 開講式
講義:日常生活自立支援事業内容について
講義:生活支援員業務内容について
講義:社協の保険について
講義:高齢者福祉サービスについて
講義:障害者福祉サービスについて
講義:生活保護について
 令和3年 3月5日(金)  13:30~
15:55
 講義:成年後見制度について
講義:対人援助技術ついて
閉講式

4 申込期間・手続き
 令和3年2月1日(月)~2月10日(水)
午前8時30分から午後5時15分  申込書に必要事項を記入の上、必ず本人が期間内に安中市社会福祉協議会安中本所もしくは松井田支所までお持ちください。
面接を行い、受講者を決定します。
 申込書は、安中市社会福祉協議会(安中市地域福祉支援センター1階)・松井田支所(新堀245)で配布します。
また、ホームページは下記からダウンロードができます。

5 その他
 全過程を修了された方には、安中市社会福祉協議会より、修了書を発行します。

6 申込み・問合せ
 安中市社会福祉協議会 安中本所  ☎382-8397
            松井田支所 ☎393-3948

*講座内容と申請書はこちらから

安中市社会福祉協議会 広報委員募集

安中市社会福祉協議会では、広報紙「社協あんなか」を市民の皆さまの参加と協力を得て編集・発行したいという思いから“広報委員会”を組織しています。
令和3年度から新しく「社協あんなか」の取材、記事作成等を通じ、地域 福祉に参画していただく“広報委員”を募集します。
あなたの住んでいる地域で活躍している人やイベントを取材してみませんか?
詳しい内容は下記のとおりです。

【対象者】
福祉活動や広報活動に関心のある方!
自分の地域を盛り上げたいと思う方!
※資格、経験は必要ありません!
広報に関して初めての方でも大丈夫です。

【委嘱期間】
令和3年4月1日~令和5年3月31日

【研修】委嘱後委員を対象とした研修を開催いたします。
(日程は別途連絡)

【応募方法】
電話受付※令和3年3月15日(月)締切

【連絡先】安中市社会福祉協議会
TEL027-382-8397

詳しい内容はこちらから

ひきこもりUXラウンジ ~プレ交流会in安中~

安中市では、令和2年度厚生労働省社会福祉推進事業の一環で、一般社団法人「ひきこもりUX会議」との共催で、「ひきこもりUXラウンジ」ひきこもり当事者の会を開催します。
ひきこもりUXラウンジとは、「ひきこもり」の当事者や家族同士、支援関係者同士がリラックスして出会い、対話交流を始めるための場所です。

市では、ひきこもり、生きづらさ等の当事者・経験者、ひきこもり状態の家族がいる方、支援に携わっている方、「ひきこもり」に関心がある方などを対象に、当事者・家族・支援者のそれぞれが交流できるイベントとして県内に広く参加を呼びかけて開催します。

【ひきこもりUXラウンジ】
日時:2021年2月16日(火)13:30〜16:30
           (開場13:00)
会場:Gメッセ群馬
JR高崎駅 東口より徒歩約15分(高崎市岩押町12-24)
参加費: 無料・予約不要
内 容:
第1部:当事者体験談(誰でも聴講可能)
第2部:ひきこもり当事者会(性別問わず当事者向け)
   /ひきこもり女子会(女性(自認含む)当事者向け
   /つながる待合室(家族、支援者向け)など

※途中参加および退出OK

※予約不要ですが、会場定員に達し次第、入場を制限する場合が あります。予めご了承ください。

*マスク着用等、コロナ感染拡大防止対策にご協力ください。

*新型コロナウイルス感染状況により開催中止の判断をさせていただく場合が あります。中止となった場合は前日までにひきこもりUX会議のブログや SNSでお知らせいたします。

〔問い合わせ〕
*安中市福祉課社会福祉係
TEL:027-382-1111(市代表番号)

<主催団体「ひきこもりUX会議」について>
2014年6月発足。ひきこもりをはじめ、人とかかわる困難さ、居場所のなさ、“ふつう”や“こうあるべき”と違うことーさまざまな背景に起因する「生きづらさ」。 そのすべてを「Unique eXperience(ユニーク・エクスペリエンス=固有体験)」と捉え、不登校、ひきこもり、発達障害、性的マイノリティなどの当事者・経験者が、当事者視点で「生存戦略」提案・発信を続ける。

活動の詳細はHPをご覧ください。
https://uxkaigi.jp

ひきこもり家族教室の開催について

安中市ではひきこもりに悩んでいるご家族等を対象に家族教室を開催致します。
ひきこもりに関する知識や情報、対応の工夫などを学びながら、ご家族自身の不安やあせる気持ちを和らげることを目的とした場になります。
*受付時に検温を実施します。発熱や体調不良時は出席をお控えください。
*当日は健康状態申告書を記入していただきます。

対 象 :ひきこもりでお悩みの家族等
開催日 :(12月・1月・2月)午後1時30分~午後3時30分
定 員 :20名程度 
締め切り:12月10日(木)

申し込み・問い合わせ
安中市役所 福祉課 社会福祉係
TEL:027-382-1111(内線1194)
(平日:8時30分~午後5時)

安中市社会福祉協議会 安中本所
TEL:027-382-8397 (平日:8時30分~午後5時)

詳しくはこちら



新型コロナウイルス感染症の影響により生活資金でお悩みの皆さまへ

生活福祉資金貸付制度では、新型コロナウイルス感染症の影響で休業や失業等で収入減少のあった世帯へ、貸付の対象世帯を低所得世帯以外に拡大し、緊急小口資金及び総合支援資金の特例貸付を実施しています。

緊急小口資金特例貸付・総合支援資金特例貸付の受付期間が令和3年3月末まで延長となりました

総合支援資金特例貸付の延長申請は受付期間が令和3年6月末までとなります

来所された場合の相談者の感染リスクの減少を踏まえ、郵送による申込を行うことができる環境を整えました。

申込用紙等を印刷する場合は、一度PDFを保存してから印刷をお願いします。
そのまま印刷すると左側にずれてしまうことがありますので、お手数ですがよろしくお願いします。


インターネットへのアクセス環境がない方や郵送が難しい場合は、ご連絡ください。

詳しくは、下記の案内とパンフレットをご覧になり、申請用紙等を郵送にて申込ください。

案内とパンフレットについてはこちら

また、安中市では新型コロナウイルス感染症の影響に伴う融資等に必要な証明書の手数料を免除しています。

手数料免除について詳しくは、こちらをご確認ください

 緊急小口資金に関する関係書類
 ①借入申込書
 ②借用書
 ③重要事項説明書
 ④収入減少の申立書
 ⑤(記入例)借入申込書
 ⑥(記入例)借用書
 ⑦(記入例)重要事項説明書
 ⑧(記入例)収入減少の申立書
 ⑨郵送前のチェックリスト


郵送する場合(緊急小口資金)

①から④までと⑨を印刷し記入して必要書類を添えて、安中市社会福祉協議会まで郵送をしてください。

⑤から⑧までは、記入例になりますので、 記入漏れなどに注意し参照してください。

郵送する前に⑨のチェックリストで確認し、下記の社会福祉協議会まで郵送してください。

*書類に不備があった場合は、修正、追加提出等をお願いします。

※申込の際には①~④、⑨の他に下記書類を同封し郵送してください。

・本人確認書類の写し
(個人番号(マイナンバー)が入っていないもの)

・住民票の原本(謄本)
(世帯全員の記載があり、個人番号(マイナンバー)が入っていないもの)
必ず住民票の下部に「この写しは、『世帯全員の』住民票の原本と相違ないことを証明します」と記載されていることをご確認ください。

・通帳又はキャッシュカードの写し
(通帳を一枚めくった、口座名義・口座番号・支店名等が記載されているページが最も望ましいものになります。)

 総合支援資金に関する書類について
 ①借入申込前に必ずご確認ください
 ②借入申込書
 ③借用書
 ④重要事項説明書
 ⑤収入減少の申立書
 ⑥(記入例)借入申込書
 ⑦(記入例)借用書
 ⑧(記入例)重要事項説明書
 ⑨(記入例)収入減少の申立書
 ⑩郵送前のチェックリスト

郵送する場合(総合支援資金)

①の「借入申込前に必ずごご確認ください」をご覧ください

②から⑤までと⑩を印刷し記入して必要書類を添えて、安中市社会福祉協議会まで郵送をしてください。

⑥から⑨までは、記入例になりますので、 記入漏れなどに注意し参照してください。

郵送する前に⑩のチェックリストで確認し、下記の社会福祉協議会まで郵送してください。

*書類に不備があった場合は、修正、追加提出等をお願いします。

※申込の際には②~⑤、⑩の他に下記書類を同封し郵送してください。

・本人確認書類の写し
(個人番号(マイナンバー)が入っていないもの)

・住民票の原本(謄本)
(世帯全員の記載があり、個人番号(マイナンバー)が入っていないもの)
必ず住民票の下部に「この写しは、『世帯全員の』住民票の原本と相違ないことを証明します」と記載されていることをご確認ください。

・通帳又はキャッシュカードの写し
(通帳を一枚めくった、口座名義・口座番号・支店名等が記載されているページが最も望ましいものになります。)

 総合支援資金延長申請申込に関する書類
 ①借入申込書  
 ②借用書  


○総合支援資金特例貸付の延長申請について

 総合支援資金特例貸付を利用し、なおも生活困窮が続く方は、自立相談支援機関でのご相談や継続的な支援を受けることにより、貸付期間を延長してご利用できる場合があります。

 ※対象者(次のいずれにも該当する方)
① 当初決定された貸付期間(原則3ヶ月)の3ヶ月目において、引き続き、新型コロナウィルスの影響による収入の減少や失業等により生活に困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯であること。

② 生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援機関による支援を受けていること。

③ 令和3年3月末までに総合支援資金特例貸付を申請していること。
※総合支援資金特例貸付の申請は1世帯につき1回までとなります。


安中市社会福祉協議会

安中本所
〒379-0116
安中市安中3-19-27
TEL 382-8397

松井田支所
〒379-0292
安中市松井田町新堀245
TEL 393-3948

来所される場合は、担当者が不在の場合もありますので、事前にご連絡ください。

その他の生活福祉福祉資金につきましては、従来通り窓口申請となります。

金融機関での取扱について
①4月30日(木)より中央労働金庫にて郵送による緊急小口資金の申込取り次ぎを開始しましたが、令和2年9月30日を以て終了しました。
②5月28日(木)より郵便局にて窓口による緊急小口資金の受付を開始しましたが、令和2年9月30日を以て終了しました。

詳しくは、群馬県社会福祉協議会ホームページをご確認ください。

群馬県社会福祉協議会ホームページへ




新型コロナウイルス感染拡大に伴う福祉車輌貸出について

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、土曜、日曜の福祉車輌貸出事業に関して下記のとおり対応をさせていただきます。

〇社会福祉協議会が、休館日(土曜、日曜)での貸出は、消毒が行えないため、土曜、日曜のどちらか1日貸し出した場合、もう1日貸出は行いません。(同一者が利用する場合は除く)
例 土曜日に貸し出した場合、日曜日に別の方への貸し出しは利用不可。
ただし、土曜、日曜同じ方の利用は可。
〇休館日が3日以上の場合は、同一者でも貸出不可。
〇平日は、通常どおりの貸出を行います。

【群馬県に非常事態宣言が発令された場合】
〇上記と変わらない対応。

【職員が出勤できない場合】
〇新型コロナウイルス関係で、安中本所または松井田支所が閉鎖となった場合は、開所している事務所に車輌を移動し、一括に貸出を実施します。
〇安中本所、松井田支所ともに両方が閉鎖となった場合は、貸出を中止します。

以上の対応させていただきますので、ご理解とご協力をお願いします。

ひきこもり相談窓口のご案内

本人や家族等が地域のなかでどこに相談したらいいか迷ったら、下記の相談窓口までご相談ください。
本人や家族等を支援に結び付きやすくし地域の関係機関と連携を図っていきます。



詳しくはこちら

総合相談窓口
安中市役所 027-382-1111
福祉課   社会福祉係   (内線1191)


INFORMATION
2021-1-12
安中市社会福祉協議会職員募集を追加しました
2021-1-7
安中市社会福祉協議会 広報委員募集を追加しました